古文書事始

古文書事始ネット

☆☆☆☆☆

古文書を扱うウェブサイトが色々ある中で、当サイトは次のような試みを実現しようとする実験サイトです。

  • 古文書の原文と解読文を上下に対比して表示します。その際、解読文は縦書きに表示し、行数、行仕舞いをできるだけ原文に合わせて、対比しやすくします。また原文の部分はクリック操作で拡大表示することも可能です(ただしこの場合は解読文なしの単独表示になります)。
    具体的な例は「原文と解読文の対比表示例」を参照して下さい。原文は町田市の古文書講座(2010年5月~12月)で使われたものです。解読文の文責は当サイトにあります。
  • サイトに収録されている解読文テキストを対象に文字列検索を可能にします。具体的には、右のメニュー欄にある「文字列検索」枠に入力して検索を行います。結果を検索文字列(赤字で表示)を含む解読文と古文書原文を対比で表示します。従って、間接的に古文書原文を検索したような効果が期待できます。「文字列検索機能の使い方」を参照して下さい。
    昨今はワードなどで解読文を作成しますが、このように作成された解読文は印刷物と違いディジタルな扱いが可能です。当サイトでは、そのディジタル性を積極的に利用したいと考え、文字列検索を試みました。当サイトのサンプル数は限られていますが、大きな資料であるほど検索機能は生きてきます。

当サイトの手法を利用して古文書サイトを構築する機会があれば、当ページのメールアドレスまでご連絡下さい。可能な限りご協力させていただきたいと思います。

☆☆☆☆☆


このほか
340字しかありませんが、くずし字のオンライン辞書を試みました。「古文書くずし字検索」、また「くずし字検索機能の使い方」を参照して下さい。「江戸が大好きになる古文書(油井宏子著、柏書房)」という入門書がありますが、その中の所々に「ちょっと確認」というコーナーがあって、くずし字を数文字ずつまとめて掲示しています。それを全部合わせると約340字になります。基本中の基本になるものばかりです。これを、柏書房出版社編集部の許諾を得て利用させていただきました。



上に述べた「文字列検索」と「くずし字検索」につては検索機能の使い方を参照して下さい。


文字列検索





更新記録

  • 2010 11.15 古文書事始オンラインを開設しました。
  • 2014 2.20 縦書き表示法をブラウザに依存しない方法に変えるなど、全面的に更新しました。
mail address: komonjo@riok.net