古文書事始

くずし字検索機能の使い方

くずし字検索機能の使い方について解説します。

  • コードを入力して「コード検索表示」ボタンをクリックするか、部首を選択して「部首検索表示」ボタンをクリックすると、入力部と漢字テーブルの間にくずし字が表示されます。
  • コードは、下の漢字表から選択したい漢字の前の数字を採って下さい。桁合わせの"0"は省くことが出来ます(例 0015⇒15)。
  • 漢字表は、標準では音読み順で表示されますが、ソートボタンで訓読み順、画数順に切り替えが出来ます。
  • コード入力を続けると、ログに履歴が蓄積され、表示されるくずし字も増えていきます。「表示リセット」ボタンでクリアされます。
    例:64とコード入力して「取」を出し、次に18とコード入力して「被」を出す。似たようなくずし字の対比ができる。
  • 部首選択した場合は、該当するくずし字が全て表示されます。「表示リセット」ボタンでクリアされます。
  • コード入力も部首選択も無い状態で「コード検索表示」ボタンをクリックすると、ログに保存されているくずし字を表示します。

文字列検索





mail address: komonjo@riok.net